不衛生な恥垢

包茎とは、ペニス先端の祈祷部分に包皮がかぶさっている状態のことをいいます。
幼少のころは誰でも包茎なのですが、思春期にあるとその包皮が後退していき亀頭部分が露出するようになります。
常に露出していなくても指で包皮を後退させて記号が露出できればさほど心配ありませんが、包皮を後退させられずにいつも亀頭が皮をかぶっている状態であれば治療をおすすめします。
包茎は恥垢がたまりやすいため雑菌による炎症の原因になるだけでなく、かぶさっている皮が亀頭の発育を妨げることもあるからです。
また、包皮で覆われている亀頭は刺激に敏感ですから、セックスの際にペニスを女性の膣に挿入するとすぐに射精してしまいやすく早漏の一因にもなります。
包茎はひとりで悩まずに専門医院で治療しましょう。

人それぞれ顔が違うように、ペニスも大きさ、形、色は個人差があります。
ペニスに個人差があるということは包茎の状態や程度も人それぞれ違います。
専門医院で診察してもらえばその人に最適な治療・手術を受けることができます。
つまり、亀頭にかぶっている包皮をどのように切開してどの程度切り取るのかはそれぞれ個別の対応が必要ということです。
さらに、多くの美容整形外科では、包茎手術と同時に亀頭の増大やペニスを長く太くする施術が用意されています。
コラーゲンを注射して亀頭を大きくしたり、体内に隠れている部分を引き出してペニスを長くすることができます。
これにも個人差がありますから興味のある人は美容外科で相談してみるといいでしょう。