サイズアップ

男性特有の悩みの中でかなり多いのが包茎の悩みではないでしょうか。
特に日本人男性は包茎である場合が多く、約7割ほどが仮性包茎だと言われています。
病院もデリケートな悩みを解決するべく環境を整えています。
プライバシーの問題やカウンセリングの時間など、なるべく患者が負担に感じないようにすることが円滑に包茎を治療する近道なのです。
そして緊張感がなく穏やかな気持ちでいられ、自分の状態を冷静に考えられる環境でどういった治療を受けるのかを医師と相談しながら決めていきます。
男性特有のデリケートな悩みを真剣に考え、再び自分に自信を持ってもらうための院内の環境や雰囲気づくりはより患者目線になって日々進化を続けています。

実は包茎手術の歴史は古代エジプトの時代からそれに関する記述があります。
当時は王族や神官などの選ばれた高等な身分の男性だけに行われていました。
また日本では男性特有の悩みと認識されてきたのは江戸時代からとされており、文献にも残されています。
初めのうちは手術も大掛かりで傷跡が残ってしまったり大変な治療でしたが、医療が発達した現在ではより自然な形になるように手術できるようになりました。
特に軽度の場合は手術はしないで改善のためのセルフケアの方法を教えてくれたり必ずしも治療するよりかは男性特有の症状により深刻に悩む患者のメンタル面をカバーして包茎とうまく付き合っていくかということを重視する傾向にあります。